考察

【猪木問答】全文!“明るい未来が見えません”その経緯・真相に迫る!

問答界では『コラコラ問答』と並び、見事殿堂入りを果たした猪木問答。数々の名言が生まれた猪木問答とは一体何だったのか?今回は全文を書き起こし、その経緯・真相に迫る!

猪木問答とは?

2002年2月1日新日本プロレス札幌大会で突如勃発した猪木問答。蝶野正洋が自身の試合後にアントニオ猪木をリング上に呼び込んだことが発端となりました。リング上に集結した当時の新日本プロレスの有望選手たちと猪木とのやりとりが、猪木問答と呼ばれています。鈴木健想の明るい未来が見えません」という名言も生まれ、プロレスファンの間では大切に語り継がれている問答です。

猪木問答 経緯

2002年、総合格闘技ブームが到来しプロレスはまさに暗黒時代。プロレスラーが総合格闘技に参戦するも負けが続き、プロレス人気の低迷が加速!

さらに新日本プロレスの実質的なオーナーであるアントニオ猪木が総合格闘技に肩入れしてしまう状況。選手達は完全に嫌気がさし反猪木になっていました。

そんな中、武藤敬司が新日本プロレスを退団し全日本プロレスへ電撃移籍!その数カ月後に長州力も退団するなど新日本プロレスは危機的状態でした。

この状況を打破すべく動いたのが蝶野正洋です。アントニオ猪木をリング上に呼び込み、観客に見える形でクーデターのようなものを起こそうとしていたのです。

 

やっぱりリング上でやらないと意味がない。新日本のリングの中ではプロレスをやっていく。K-1や格闘技に傾いていた猪木さんの口から、とにかくプロレスという言葉を出させたかった。

蝶野正洋 談

蝶野のプロレスに対する考えは素晴らしく行動も伴っています。蝶野の熱い想いは猪木に届くのか?!

猪木問答 全文書き起こし !

実際に「猪木問答」の全文を書き起こしてみました。


蝶野「オラエー!おい!お前ら誰か他にやる奴いねえのか?!オラエー!おい!俺と天山か?!

蝶野の呼びかけに、中西学、永田裕志、鈴木健想、棚橋弘至の4名がリングに駆けつける!

猪木お前は怒(いか)ってるか?
中西怒(いか)ってますよ!
猪木誰にだ?
中西全日に行った武藤です!
猪木お前はそれでいいや

観客

猪木お前は?
永田全てに対して怒ってます
猪木全てってどれだい?
永田………
猪木言ってみろ!俺か!幹部か!長州か?
永田上にいる全てです!
猪木そうか。奴らに気付かせろ!

観客

猪木お前は?
鈴木健想僕は自分の明るい未来が見えません!
※正確には「僕は自分の明るい、みっ、未来が見えません!」と噛んでいます!
猪木見つけろ!テメエで!

観客

棚橋俺は新日本のリングでプロレスをやります!
猪木「まぁ、それぞれの想いがあるから、それはさておいて

観客

猪木「なぁ、お前達がホントに怒りをぶつけて、ホントの力を叩きつけるリングをお前たちが作るんだよ。オレに言うな!

蝶野、笑いをこらえる!

猪木「俺は三年、四年だ。引退して。テメエ達の時代、テメエらの飯の種をテメエで作れよ!いいか!

※鈴木健想の「僕は自分の明るい未来が見えません!」という迷言はネタにされることが多いですが、その場に居た蝶野からは「ナイスコメント」と評価されたという。

猪木問答 参考資料

素晴らしい空気感!猪木問答を完全再現しています!再現動画界の名動画です。

まとめ

問答…それは生き様をぶつけ合う魂の会話。問答の世界は奥が深い。

『コラコラ問答』全文・経緯 はこちら