考察

【手錠失敗】猪木vs斎藤 海賊男乱入暴動事件!【中身正体は?】その経緯・真相に迫る!

世界的にも珍暴動として有名な海賊男乱入暴動事件。暴動が起こった原因は一体何なのか?そもそも海賊男とは?今回は海賊男乱入暴動事件の経緯・真相に迫る!

海賊男乱入暴動事件とは?!

海賊男乱入暴動事件は、1987年3月26日、大阪城ホールで開催された「INOKI闘魂LIVE」で起こりました。

メインイベントのアントニオ猪木vsマサ斎藤の試合に海賊男が突如乱入!斎藤に加勢するはずの海賊男が…斎藤と自身を手錠で繋ぎ、控室まで連れ去るという謎行動に!

その後、斎藤は控え室で海賊男の手錠を引きちぎり、一人でリングに戻って試合に復帰しますが、まだ手首に手錠が残ったまま。斎藤も混乱していたのか手錠で猪木とレフェリーを殴打し、猪木の反則勝ちとなるも、館内は延長コール!

海賊男に試合をぶち壊され、この納得のいかない結末に激怒した観客が暴れ出し、大暴動に!

暴徒化したファンは激しい怒号と共にリングにゴミやイスを投げ入れ、新聞紙に火をつけボヤ騒ぎになるなど現場は大混乱!警官、機動隊、消防車、救急車が出動する事態となり、新日本プロレスは大阪府東警察署から厳重注意を受けました。

猪木vs斎藤 海賊男乱入暴動事件!経緯・真相!

この暴動事件の元凶は海賊男の手錠をかけ間違えるという大失敗にありました。

では海賊男は誰に手錠をかけるべきだったのか?

本来は斎藤の味方として海賊男が猪木に手錠をかけ、ロープに繋ぎ猪木を攻撃。そして猪木がロープを外して海賊男を撃退し、猪木と斎藤のノーロープ手錠デスマッチになる説が濃厚です。

つまり本来手錠をかける相手は…

マサ斎藤ではなくアントニオ猪木!

なんと二択の間違いだったのです!

海賊男の手錠失敗により、3者は「???」が入り乱れる絶妙な空気感に包まれます。

この失敗、一般社会で例えると…追い詰めた凶悪犯が目の前にいるにも関わらず、同僚の警察官に手錠をかけてしまい、さらには自身と繋いでしまうに等しい大失敗です!

海賊男の正体は?!

そもそもこの歴史的大失敗をした海賊男の正体は誰なのか?

それは1981年にメキシコから新日本プロレスに留学し、新日本の所属となったブラックキャットです。
※後にマサ斎藤と自分を手錠で繋いだのは自身のミスだとブラックキャットが認めています。

出典:http://www.showapuroresu.com/bio/hu/blackcat.htm

また海賊男の中身は国内外複数のレスラーが入れ替わりで担当しており、当時若手だった蝶野正洋や馳浩も海賊男の“中の人”になることがありました。

そしてこの海賊男のアイデア発案者は、アントニオ猪木です!
※フロリダで武藤を襲った初代海賊男の正体は猪木本人とされています。

まとめ

失敗は誰にでもある。

【TPG】たけしプロレス軍団暴動事件はこちら