考察

《天才・佐山聡》初代タイガーマスク 衝撃のデビュー戦!タイガーマスク vs ダイナマイト・キッド【驚異の身体能力】

タイガーマスクとは

元々タイガーマスクは梶原一騎原作のプロレス漫画で、1968年から1971年にかけて週刊少年マガジンなどで連載されました。主人公の伊達直人は孤児院出身の覆面プロレスラーで、タイガーマスクとして活躍。漫画タイガーマスクは子供達の間で瞬く間に人気となりました。

その漫画タイガーマスクの続編として、テレビアニメ“タイガーマスク二世”の放映が決定。タイアップ企画として、新日本プロレス佐山聡がタイガーマスクとしてデビューすることが企画されます。

そして1981年4.23、新日本プロレス蔵前国技館大会にて佐山聡がタイガーマスクとしてのデビューが決定!デビュー戦の相手は藤波辰巳とも激闘を繰り広げた実力者、“爆弾小僧”ダイナマイト・キッド!

タイガーマスク vs ダイナマイト・キッド

今回はこの衝撃的なタイガーマスクのデビュー戦を考察したいと思います。

ちなみに今回紹介する佐山聡のタイガーマスクを初代とし、二代目、三代目、四代目、五代目も存在します。(気になる方はWikipediaをご参照ください)

初代タイガーマスク 衝撃のデビュー戦

出典:YouTube

タイガーマスク入場!

リングアナからコールを受けるダイナマイト・キッド!

ヒール感がカッコイイ!

リングアナからコールを受けるタイガーマスク!

マスクがお粗末!!

本当に強いのか?!

(後にマスクはカッコよくリニューアルされました)

ついに運命のゴング!

華麗なステップで間合いをはかるタイガーマスク!

タイガーマスクの後ろ回し蹴りにどよめきが!

この動き!本物だ!

序盤から身体能力を生かしたスリリングな展開に固唾を呑む!

ローリングソバット!

この美しいフォーム!

ヘッドロックの体勢から高速回転して相手を転ばせレッグシザーズ!その名も…

タイガースピン!

動画を巻き戻しても動きが速すぎて理解不能!

マスクに手をかけるダイナマイト・キッド!

正体は天才・佐山聡 24歳!

サマーソルトキック!

あのガイルも影響を受けたとか…

場外戦でペースをつかんだダイナマイト・キッド!

フライングヘッドバット!

完璧なフォーム!まるで鳥!

間一髪でかわすタイガーマスク!

再び場外戦!

タイガーマスクの強烈な蹴り!

ダイナマイト・キッドもお返しの延髄斬り!

ダイナマイト・キッドがエプロンサイドでブレーンバスターを仕掛けるが…

タイガーマスクが綺麗に着地!と同時に腰をがっちりホールド!

この体勢から..

持ち上げたー!高い!

ジャーマン

スープレックス

ホールド!

ワン!ツー!スリー!

スリーカウント!

勝者タイガーマスク!

フィニッシュのジャーマンは、もはや芸術の域!

もうマスクのお粗末さはどうでもいい!

脅威的な身体能力を誇るタイガーマスクの才能は本物!

そしてダイナマイト・キッドの受けがタイガーマスクの才能を光らせた!

凄いことが自然にできるキッドの職人技!

完成されすぎて雑念なく安心して(集中して)見れます。

キッド!至高の安心感をありがとう!

ダイナマイト・キッドもとんでもない才能!

出典:YouTube

初代タイガーマスクの体力測定映像!貴重な参考資料。

以前考察したオカダカズチカの身体能力も凄いですが、初代タイガーマスクの身体能力もオリンピック級!

まとめ

才能 × 才能

約40年経っても色褪せない試合

100点満点のデビュー戦!