PICK UP

オカダカズチカのドロップキックは世界遺産!レヴェルが違う!【その驚異的な身体能力に迫る】

リングに金の雨を降らせる男“レインメーカー”オカダカズチカ。身長191cm、体重107kgという恵まれた体、そして驚異的な身体能力!そのオカダカズチカのドロップキックは若手時代から定評があり、2メートルに達する跳躍力と美しいフォームは、何回見ても驚かされます。

出典:新日本プロレス公式サイト

2019年末には「WRESTLE KINGDOM 14」のプロモーションとして、東京・六本木交差点にオカダカズチカのドロップキックパネルが登場!ドロップキックを受ける瞬間を記念撮影することができ、話題となりました。

ドロップキックとは

そもそもドロップキックとは…

 

ドロップキック(Dropkick)は、プロレス技の基本技であり、蹴り技および飛び技に分類される。メキシコではパターダ・ボラドーラと呼ばれている。ドロップキックはあまたあるプロレス技の中であっても、基本中の基本の技であり、少しでも目が肥えれば見ただけでレスラーの技量がハッキリわかると言われるほどの基本技である。

引用:Wikipedia

 

要は、“レスラーの技量がわかる基本技”ということですね。その基本技を至高の技へと昇華させたオカダカズチカは、とんでもない技量を持ったプロレスラーということです!

オカダカズチカのドロップキック

出典:YouTube

オカダカズチカのドロップキック特集 in 東京ドーム!

パーフェクト!!

人間地対空ミサイル!

棚橋弘至のハイフライフローをドロップキックで撃墜!

出典:新日本プロレス公式サイト

ドロップキック vs ドロップキック

対戦相手、SANADAの身体能力も素晴らしい!

オカダカズチカの身体能力

出典:YouTube

これは、オカダカズチカの身体能力の高さがよく分かる動画です。2012年の『G1 クライマックス』に向けて、オカダカズチカが公開練習を実施! なんとあの国立競技場を“貸切”で練習に使用する “レインメーカー”っぷり!

懐かしい…かつてのオカダカズチカ×外道。名コンビです!

外道さん曰く「何においても、レヴェルが違うってところを見せるから」ということで、オカダカズチカは50メートル走のタイムトライアルを決行!

位置につくオカダ。

爆発力のあるスタートダッシュ!

一瞬でゴール!

そのタイムは、驚愕の5秒94!

ちなみに世界記録はウサイン・ボルトの5秒47!

日本記録は朝原宣治の5秒75!

これは本当に凄い!

100kgを越す人間が、世界に迫るこの俊足タイム!

しかもオカダは陸上用スパイク未使用!!

オカダの記録を確認したスポーツトレーナーの足立 光氏、曰く…

 

練習してないオカダが

これだけで走るんで、

例えば本気でちょっと練習したら、

これから始まる

オリンピックの歴史も

変わったかもしれない。

スポートトレーナー 足立 光氏 談

 

東京オリンピックの歴史を変えたかもしれない、オカダカズチカの身体能力!

続けて…

 

身体能力的にも、やっぱり、

オリンピッククラス以上。

バネが違いますね。

スポートトレーナー 足立 光氏 談

 

オリンピッククラス以上の身体能力!その“バネ”が、オカダカズチカのドロップキックの源だった!!

続けて、外道さん曰く…

 

タイムが出てんだ。

レヴェルの違いのタイムが。

プロレスラー 外道氏 談

 

5秒94=レヴェルの違いのタイム

もしオカダカズチカがプロレスラーになっていなかったら、この陸上トラックで金の雨を降らせていたのかもしれない。

まとめ

実は私も学生の頃、陸上をしておりまして、この記録が“レヴェルの違うタイム”と声を大にして言えます。しかも今回は陸上用スパイクではなく、普通のトレーニングシューズを履いているという事実。本格的な短距離走のトレーニングを積めば…..

世界記録は間違いない。

そんな身体能力を秘めたオカダカズチカがプロレスラーになったことは、プロレス界の財産であり、そのドロップキックはまさに世界遺産!