考察

【人間vs熊】藤原喜明vs熊 ゴールデンタイム放送事故!【死闘名勝負】

平成初期にとんでもない映像がゴールデンタイムで放送されました。人間vs熊…プロレスラーvs熊…そう!伝説の藤原喜明vs熊です。今回は藤原喜明vs熊の経緯・真相に迫る!

人間vs熊の歴史

人間vs熊の歴史は長く、熊による農作物被害、山林被害、畜産被害、人身被害などが世界的に深刻な問題となっています。

人間にとって非常に危険な熊ですが、アメリカでは1950年代から1970年代ごろにかけて、熊とプロレスラーが戦う興行がエンターテイメントとして行われていました。

プロレスラーが戦う熊は凶暴な野生の熊ではなく、“レスリング・ベア”という人間を怪我させないようにしっかり調教された熊で、レスリングの動きまで教え込まれていました。

その“レスリング・ベア”と戦ったことのある日本人レスラーは、ミスター・ヒトやマサ斎藤などで、極真空手家ウイリー・ウイリアムスが戦った熊も“レスリング・ベア”のようです。

そして1990年代、“レスリング・ベア”ではない非常に危険な熊と闘ったプロレスラーが藤原喜明です。一応は人に飼われている熊だったようですが、冬眠期の凶暴な熊との真剣勝負がテレビで放送されました。

藤原喜明vs熊

1994年の1月「爆裂!異種格闘技TV」というバラエティバ番組にて藤原喜明vs熊がゴールデンタイムで放送されました。番組制作にはテリー伊藤が携わっており、藤原喜明vs熊もテリー伊藤が企画したようです。

藤原は熊と闘うために、カナダの山奥に向かうことに。待ち構えていたのは体調2〜3メートルほどの熊で、周りはネットで厳重に囲まれています。藤原は木からジャンプしてこのネットの中に入り熊と対峙!なぜか藤原のセコンドには出川哲朗が!

完全に不機嫌な熊はヴォーヴォーという重低音の唸り声で威嚇。それはメタルのデスボイスを彷彿とさせます。

ファイティングポーズを構え距離を測る藤原ですが、一瞬の隙を突き熊の高速タックルが発動!藤原は吹っ飛ばされダウン!一気に緊張感が高まり出川は…無言!

なんとか立ち上がった藤原だが、2回目の熊の高速タックルが発動!

なんとか立ち上がった藤原だが、3回目の熊の高速タックルが発動!

なんとか立ち上がった藤原だが、4回目の熊の高速タックルが発動!

藤原は肩を痛めたようで大ダメージ!

出川も「大丈夫ですか!藤原さん!」と声を荒げる!

現地の人がこれ以上の戦いを無謀だと止め、この一戦は幕を閉じました。

熊強すぎ!

藤原は熊に噛まれたようで、試合後のコメントでは熊の強さを称賛。自身が生きていてラッキーだったと語りました。

まさに死闘!

この映像、令和の時代においては放送事故というかゴールデンタイムに放送自体できないでしょう。

藤原喜明が語る熊との闘い

時は経ち、蝶野正弘のYouTubeチャンネルで、藤原が改めて熊との死闘を振り返りました。

 

スタッフに「おい、大丈夫だろうな?」って言ったら、「大丈夫です!たっぷり保険に入ってますから」って!

お前らも危ないと思ってるんじゃねーか!コノヤロー!!

藤原喜明 談

まとめ

テリー伊藤の企画力がヤバイ!