考察

《ブチギレ》天才・佐山聡 “伝説のシューティング合宿” 鉄拳指導【初代タイガーマスク プロレス〜格闘技】

佐山聡 “伝説のシューティング合宿”とは?

“自分でやる気になること。これも技術のうち”
という伝説の名言を残した初代タイガーマスクこと佐山聡。

この名言は世界初の総合格闘技団体「シューテング(現:修斗)」の合宿で佐山聡が言い放った一言。(“佐山聡がいなかったら総合格闘技はなかった”とまで言われているすごい人)

佐山聡は80年代初頭、初代タイガーマスクとして一世を風靡し、人気絶頂の中、新日本プロレスを退団。その後、格闘技色の強いプロレス団体UWFに参戦しながら、スーパータイガージムを立ち上げアマチュア育成に力を注ぎます。そしてスーパータイガージムでの指導をベースとした、競技としての格闘技「シューティング(現:修斗)」の普及活動に励み、協会設立やプロ化を実現。

そして時は1993年、そのシューティングの指導者“佐山先生”として合宿に参加し、生徒を指導している際に伝説が勃発…。

冒頭の“自分でやる気になること。これも技術のうち”と熱く語った佐山先生が生徒にミットを蹴らせます。すると佐山先生が突然生徒にブチ切れ!鬼の鉄拳制裁!

後にこれが“伝説のシューティング合宿”として語り継がれるようになったのです。

この伝説は数年前にYouTube上でもアップされ話題に!プロレスや格闘技に興味がある方ならご存知の方も多いと思います。

それでは、覆面のトラではなく本物の虎と同等のプレッシャー(恐怖感)を放っている佐山先生をご覧ください!

レッツ!タイガー!

伝説のシューティング合宿を考察!

出典:YouTube

佐山先生「自分でやる気になること。これも技術のうち

佐山先生のありがたいご教授。この言葉に全てが凝縮されている。

佐山先生「はい蹴ってみ!」

生徒「シッ!」

佐山先生「よし!」

佐山先生「もっと思いっきり蹴ってみ!きちんと!」

生徒「エイシッ!」

素人にしては、中々の蹴りだと思いますが…

佐山先生「お前…オレがさ、思いっきり蹴れっつったら思いっきり蹴らないと!」

生徒「はい」

佐山先生「なめてんのオレを?」

生徒「いえ…」

えっ???どういうこと?!

佐山先生「なあ? オレをなめてんの?」

生徒「なめてないです」

佐山先生「なめてない?」

生徒「はい…」

虎に睨まれ固まる生徒。

佐山先生「オレ思いっきり蹴れっつったんだよ!お前!」

生徒「はい…」

佐山先生「これが思いっきりか?お前の!」

生徒「………」

虎に詰め寄られ無言になる生徒。

佐山先生「なめてんのか?」

生徒「いえ、なめてないです」

佐山先生の顔が豹変!怖すぎる!

佐山先生「思いっきりか?!それで!

何だ?このプレッシャー(恐怖感)は?!

パーン!

アムロ「・・・な、殴ったね」

佐山先生「おー?!」

アムロ「僕がそんなに安っぽい人間ですか?」

パーン!!

アムロ「二度もぶった! 親父にもぶたれたことないのに!」

ブライト「それが甘ったれなんだ!殴られもせずに一人前になったヤツがどこにいるものか!」

佐山先生「思いっきりか?!それがお前の?!」

アムロ「・・・」

佐山先生「やってみー!オラー!

アムロ「もうやらないからな!誰が二度とガンダムなんかに乗ってやるものか!」

佐山先生殺すぞ!この野郎!

生徒「はいっ」

これぞ青春!!!

生徒「エイシッ!」

佐山先生「オラー!いけこの野郎!

生徒「エイシッ!」

♬ 涙の数だけ強くなれるよ〜

佐山先生「蹴れー!

生徒「はいっ!エイシッ!」

♬ アスファルトに咲く花のように〜

パーン!!!

佐山先生「思いっっっきりか?それが!この野郎!」

♬ 見るものすべてに怯えないで〜

佐山先生「行け!オラッ!」

生徒「エイシッ!」

♬ 明日は来るよ君のために〜

生徒「エイシッ!」

佐山先生「オッケーw

オッケー出ました!!

佐山先生「これさー、自分達でやってほしいのこれ。そのオレは手助けをするだけだから。わかるか?」

生徒「はい!」

私「はい!」

佐山先生「アドレナリンを自分で上げていけ!自分で!自分で上げていく!わかった?!」

生徒「はい!」

私「はい!」

伝説のシューティング合宿 参考資料

この伝説を後世に伝える為に、参考資料をまとめました。

・鉄拳指導された当事者阿部勇司さんのインタビュー

・桜井マッハ速人が合宿参加者の小楠健志さんと振り返る

・伝説のシューティング合宿完全再現

まとめ

佐山聡は天才。