PICK UP

《永久保存版》EVIL 二冠王記念!【ヤングライオン時代“渡辺高章”を振り返る】

2020年7月は、EVILの乱!

キング・オブ・ダークネスことEVILがやらかしました!
2020NJC制覇、そしてあの内藤哲也を下し、IWGPヘビー級王座とIWGPインターコンチネンタル王座の二冠王座を奪取!
闇の二冠王降臨!

7月11日
NEW JAPAN CUP優勝


ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン脱退

バレットクラブ加入

7月12日
二冠王座奪取

闇の二冠王 新日本プロレスの頂点に降臨!

今回はEVILの二冠王を記念して、新日本プロレスの若手時代となる「ヤングライオン時代」を画像と共に振り返りたいと思います。


出典:新日本プロレス公式サイト

そもそもヤングライオンとは

ヤングライオン概要

新日本プロレスでデビューし、一定期間この称号が与えられる。同団体のシンボルマークであるライオンにちなみ、この名前がつけられている。試合やトレーニングのかたわら、道場隣接の選手寮に居住しながら掃除・洗濯・炊事などの雑務をこなし、興行時は先輩レスラーの荷物運び、リングや客席の設営・撤収、興行中は選手が脱いだ入場コスチュームの片付け、場外乱闘時の観客の安全確保・誘導などを行う。そのヤングライオンたちのリーグ戦をヤングライオン杯といい、若手エースを目指す選手たちの登竜門として知られている。同杯はヤングライオンの充足率が高い年に開催される。生え抜きでない若手選手は定義域に入らないが、オカダ・カズチカのように入団後再デビューを選択した選手はヤングライオンとなる。

引用:Wikipedia

つまり新日本プロレスでプロレスラーとしてデビューし、下積み期間中の若手レスラーのことを指します。

ヤングライオンEVIL(渡辺高章)①

EVIL選手は、本名の“渡辺高章”として2011年5月13日、新宿FACEで開催されたLife Goes on!で高橋広夢(高橋ヒロム)と対戦し、プロレスデビュー。
ヤングライオンEVILとしてのキャリアがスタートします。

それでは、ヤングライオンEVILをご堪能ください。

レッツ!ヤングライオン!

 

出典:新日本プロレス公式サイト

EVIL(渡辺高章)のヤングライオン感半端ない!

デビュー直前にインタビューを受けるヤングライオンEVILを発掘!
正確にはデビュー前のため、まだヤングライオンにさえなっていない!
高校を卒業して医療関係の専門学校に通っていたが、プロレスラーになる夢を諦めきれず、アニマル浜口ジムに入門。
アルバイトをしながら、プロレスラーになる為の下積みを行う努力家!

 


出典:新日本プロレス公式サイト

ヤングライオンEVIL(渡辺高章)は先輩想いのいい後輩!

2012年4月24日、44歳の誕生日を迎えた永田裕志先輩をお祝いするヤングライオンEVILとヤングライオン高橋ヒロム!

 

出典:新日本プロレス公式サイト

ケーキまみれのヤングライオンEVIL(渡辺高章)

ヤングライオンEVILの“顔面ケーキ受け”が素晴らしい!
EVILがプロレス技の受けに定評があるのも納得!

 

出典:YouTube

「劇的ビフォーアフター」に出演!ヒロム × EVIL × YOH

人気テレビ番組「劇的ビフォーアフター」に出演したヤングライオンEVIL!
老朽化が進んでいた新日本プロレス寮を、キレイにリフォームするという内容。
リフォームが完了し、キレイになった新日本プロレス寮に入るヤングライオンEVIL!
なんと左はヤングライオン高橋ヒロム、右はヤングライオンYOH!

 

ヤングライオンEVIL(渡辺高章)半笑い!

棚橋先輩の「こんな環境で頑張れない奴はダメ」という進言を、真面目に聞き入るヤングライオン高橋ヒロム。その横では、ヤングライオンEVILが半笑い!

ヤングライオンEVIL(渡辺高章)②


2013年
新日本プロレス vs 吉本興業

出典:YouTube

吉本芸人が道場を訪問!

吉本興業の芸人がテレビ収録で新日本プロレス道場を訪問。

 

吉本芸人がスパーリングを見学!

吉本芸人がヤングライオンEVILとヤングライオンYOHのスパーリングを見学。

 

和やかムード!

中西コーチが「いつでも遊びに来てください」と挨拶。

 

和やかムードが一転

この後、いったい何が起こったのか?!

 

野性爆弾くっきー!爆弾発言!

道場を出る際に、野性爆弾のくっきーが道場のニオイに毒づく!
「タイヤ燃やしてるみたいなニオイしませんでした?」

血と汗と涙の結晶とも言える道場のニオイをディスるくっきー!
この後、衝撃の展開が!

 

ヤングライオンEVIL激怒!

くっきーの爆弾発言にヤングライオンEVILがブチ切れ!
なだめる中西コーチの制止を振り切り、くっきーの後を追う!

 

クッキー!を連行するヤングライオンEVIL!

クッキー!と押し問答になりながら、道場に連れ戻すヤングライオンEVIL!

 

興奮冷めやらぬングライオンEVIL

「失礼じゃないですか!」
最もな一言。

 

さらに煽るくっきー!

「プロがどつきよった!」
と全く悪びれる様子のないくっきー!

 

中西コーチ切れる!

冷静に対応していた中西コーチもついにブチ切れ!
ヤングライオンEVILと共にくっきーを強襲!

 

表情で訴えるくっきー!

為すすべもなく制裁されたくっきーが、その心情を表情のみで訴える!
なんとも言えない表情がプロの芸人魂を感じる。

 

ヤングライオンEVIL半笑い!

くっきーの表情に、思わずヤングライオンEVILが半笑い!?
これはどこかで見たような…

 

蝶野を彷彿とさせる半笑い!

ヤングライオンEVILの見事な半笑い!
橋本真也の“時は来た それだけだ”で有名な、あの蝶野正洋の半笑いをを彷彿とさせる!

半笑いのパイオニア 蝶野正弘

まとめ

ヒールを極めし者 “半笑い” に定評あり!