PICK UP

“断崖式” プロレス技特集!四天王プロレス!【超危険プロレス技】

危険なプロレス技は数あれど、その中でも特に危険なのは場外に落下しながら仕掛ける断崖式のプロレス技です。

今回は超危険プロレス技である、断崖式のプロレス技を特集します!

“断崖式”とは?

雪崩式と混同されやすい断崖式のプロレス技ですが、雪崩式の上を行く危険技が断崖式です。

雪崩式はコーナーポストからリング上に落下しながら技を仕掛けるのに対し、断崖式はコーナーポストもしくはエプロン部や花道から場外に落下しながら仕掛ける危険技!

つまり落下するポイントが、
雪崩式=リング上
断崖式=場外
になります。

断崖式は、雪崩式の高さに加えて相手を叩きつける場所が固い場外のため、破壊力は壮絶!
喰らった選手が吐血するほどのダメージを与えることがあり、相手が名手であっても垂直落下にしないなどの自主規制を行うほど…

この“断崖式”は1990年代の全日本プロレス、いわゆる四天王プロレス時代に開発され、田上明が最初に繰り出した“断崖式喉輪落とし”が始まりとされています。

また、小橋健太は断崖式のプロレス技を最も受けており、断崖式最大の犠牲者として認知されています。

“断崖式”プロレス技特集!

断崖式のプロレス技をまとめましたが、全て超危険!
注目すべきは、今回集めた断崖式の動画全てに小橋健太が登場!
さすが断崖式最大の犠牲者!

断崖式ブレーンバスター

仕掛け:小橋健太 / 受け:秋山準

道徳上考えられない技!
技を受けた秋山準が場外でバウンド!
なんと技を仕掛けた小橋健太は吐血!
技を仕掛ける側も大ダメージ!

断崖式エクスプロイダー

仕掛け:秋山準 / 受け:小橋健太

見ているのが辛い!
ここまでしなくてはならないのか!
ここまでしなければ小橋と秋山は語れないのか!
コーナーポストからの落差に驚愕!

断崖式タイガースープレックス

仕掛け:三沢光晴 / 受け:小橋健太

花道からー!
タイガースープレックス!
死んでしまうー!
受け身がとれない!

断崖式タイガードライバー

仕掛け:三沢光晴 / 受け:小橋健太

エプロンからー!
タイガードライバー!
場外のマットがないところまで吹っ飛ぶ!
衝撃で鉄柵に激突!

断崖式オレが田上

仕掛け:田上明 / 受け:小橋健太

断崖式のパイオニア田上明!
変形の喉輪落とし“オレが田上”を決行!
小橋は自力でリングに戻れず田上が連れ戻す!
そんな田上、実は断崖式の受けは未体験!

まとめ

小橋健太タフすぎる!

※現在は小橋建太に改名しています。