PICK UP

長州力 “名言”「食ってみな 飛ぶぞ」相席食堂の元ネタを振り返る!

昭和から平成にかけて数多くの名言を残してきた“革命戦士”長州力。
そしてこの命和の時代でも、また新たなる名言を生み出した。

「食ってみな 飛ぶぞ」

なんと長州力の現役時代を知らない命和の若者を中心に「飛ぶぞ」がSNSで大流行!
ファッション誌『egg』では「egg流行語大賞2020」6位にランクインするなど、ギャルの間でも「飛ぶぞ」が浸透!

そもそも「食ってみな 飛ぶぞ」とは何なのか?!その元ネタを振り返る!

「食ってみな 飛ぶぞ」降臨!

「食ってみな 飛ぶぞ」は、関西地区で放送されている、漫才コンビ千鳥の冠番組「相席食堂」にゲスト出演した長州力が、北海道猿払村のホタテを食べて出た一言。

この「相席食堂」は、MCの千鳥の2人がロケに出たゲストのVTRを見て、おかしい所があれば「ちょっと待てぃ!」ボタンを押し、VTRを止めてツッコむ旅バラエティ番組。

長州はその番組ゲストで北海道の猿払村に行き、ホタテ漁師さんの計らいでホタテ貝柱をもらう。そしてパッケージを破り、ホタテを口に放り込んだ長州は・・・・・

出典:YouTube

長州あぁ うまい

長州食ってみな 飛ぶぞ

名言降臨!!

ホタテを食べただけなのに、まるで薬物でトリップしたかのような、常人では到底思いつかないぶっ飛んだ感想!千鳥の2人も即ツッコミ!
※もちろん長州は薬物問題など起こした事はない。

まさにグルメリポート界に革命を起こす発言!

まとめ

【ホタテの成分】
ホタテには、うま味成分であるアミノ酸、グルタミン酸、コハク酸やタウリンなどが豊富に含まれ、ホタテガイ特有の甘味はグリコーゲンによるものとされている。

おそらく長州は、ホタテに含まれる上記のうま味成分が口に入った途端、全神経がホタテのうま味に集中し、至高のホタテトリップへと導かれたのだと推測する。