考察

【プロレス 八百長発言】北尾光司 vs ジョン・テンタ 不穏試合!その経緯・真相に迫る!

プロレス界の問題発言と言えば、北尾光司の「八百長野郎!」発言が真っ先に挙げられます。問題発言の中の問題発言である北尾の八百長発言、今回はその経緯・真相に迫る!

北尾光司 八百長発言とは?!

北尾光司がジョン・テンタと不穏試合になり暴走!リングから降りた北尾はマイクで「八百長野郎!」と前代未聞の問題発言!まさかのレスラーからの八百長発言に観客、関係者も騒然となりました。

北尾光司 vs ジョン・テンタ 不穏試合!

問題の八百長発言のきっかけとなった北尾光司 vs ジョン・テンタは、メガネスーパーが設立したプロレス団体SWSの大会で行われました。

1990年2月10日、新人としては異例の新日本プロレス東京ドーム大会でデビューした元横綱・北尾光司は長州力と揉め事を起こし、9月に新日本プロレスとの契約を解除。その後、北尾は天龍源一郎を頼り11月1日にSWSに入団。翌91年ジョン・テンタとの2連戦で前代未聞の事件が勃発します!

初戦の1991年3月30日東京ドームはテンタが先勝。4月1日に行われた神戸大会は序盤からかみ合わず、ロックアップさえしない不穏試合に!明らかに不機嫌な北尾は場外にエスケープ。そして本部席の机を持ち上げるとリングに向かって放り投げ暴走!

リングに戻りテンタと対峙した北尾は、なんと指をテンタの顔に向け目つぶしポーズ!激高したテンタはなんと同じ目つぶしポーズで対抗!緊迫した状況が続くが、北尾は間に入ったレフェリーを蹴り上げる暴挙!北尾の反則負け裁定が下りました。

そしてリングを降りた北尾はマイクで問題発言を連呼!

八百長野郎!この野郎!」
八百長ばっかりやりやがって!」
「この八百長野郎!」

前代未聞のレスラーからの八百長発言!さらに観客に向かって…

「お前ら、こんな試合見て面白いのか!」

とネクストレベルの暴言を連発!


貴重な北尾の八百長発言映像がこちら。
テンタとの不穏試合、そして八百長発言に会場は騒然!


さらに控え室でも北尾の暴走は止まらなかった!船木誠勝氏の証言によると、SWSの現場を仕切っていたメガネスーパー社長夫人に対し、北尾は「うるせえババア!」と暴言を浴びせ椅子を投げつけたというのだ!船木氏曰く、八百長発言より「うるせえババア!」の方が問題とのこと。

北尾光司 八百長発言真相!

北尾光司とジョン・テンタ、二人とも相撲界からプロレスへ転向しており経歴は似ていますが、相撲では北尾は横綱、テンタは幕下という格差がありました。しかしプロレスの実績は逆で、まだまだ新人だった北尾に対し、テンタはWWEのトップヒールの座に君臨していました。

もちろん北尾にとってはこの状況は面白くなく、プロレスでのテンタとの実力差にフラストレーションが溜まっていたようです。

北尾の実力不足

テンタへの嫉妬

不穏試合

フラストレーション爆発

八百長発言

つまり北尾のワガママが原因でしょう。

八百長発言後の北尾光司のコメント

 

どうだ、盛り上がっただろう?

北尾光司 談

北尾光司ぶっ飛んでます!

まとめ

北尾光司は再評価されるべきだ!

北尾光司デビュー戦はこちら
北尾光司ハイキックKOはこちら